category
  • カテゴリーなし

最後の希望

不妊でお悩みの方が、最後の希望として頼るのが、不妊治療。赤ちゃんを授かりたくても授かれない、不妊治療を希望するご夫婦が不妊治療に望みを託しています。

不妊治療には幾つかの段階があり、最初の段階では、妊娠しやすいタイミングをはかっての計画的な性行為の指導に始まり、それでも効果が見えないようであれば、人工授精を行うことになります。

人工授精の後にも、二つの段階があります。まず最初には、体外受精を行い、それで効果が現れなければ、顕微授精を行います。現段階では、顕微授精以降の不妊治療は行われておらず、体外受精でも顕微授精でも良好な結果が現れなければ、そこで不妊治療は諦めなければなりません。また、いずれも自由診療という形で行われるものなので、継続的な体外受精を行ったあと、費用的な問題で顕微授精を断念せざるを得ない人も少なくありません。

しかし、人工授精、そして体外受精と顕微授精が、優れた不妊治療法であることは間違いありません。ただ、妊娠に人の手では及ばない、天運とも呼ぶべき要素が関わっている以上、いかなる不妊治療でも確実な妊娠に至るとはいえないのが現状です。

多くの女性が望みをかけている不妊治療。ここでは、そんな女性たちの最後の希望とされている、体外受精と顕微授精についての情報をお伝えしたいと思います。

漢方の力を使って高齢の不妊を治してみるというのはいかがですか?今の治療方法で効果がない方でもこれなら効果が出る場合がありますよ。

archive